意外と知らないゴミ知識~(粗大ゴミ編)

本日は皆さん意外と知らない粗大ゴミについて書かせていただきます。

まず初めに「粗大ゴミ」とは?・・・・・。

私もよく利用する”Wikipedia”先生に教えてもらおうとスマホ片手に検索・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・ない!!(-_-;)

天下の”Wikipedia”先生でもわからないことがあるのかと思いましたが、調べるうちにそもそも「粗大ゴミに関して定義なく、各お住まいの地域によって異なるため共通の定義はないと言う事がわかりました。

因みに私が住んでいる埼玉県新座市の「粗大ゴミ」の定義は・・・

新座市の粗大ごみ定義:粗大ごみとは、一斗缶(24センチメートル×24センチメートル×35センチメートル)を超えるものをいいます。
粗大ごみの処理方法は、戸別に収集する方法 と、環境センターに直接搬入する方法があります。

・・・とあります。

さらに隣町の埼玉県朝霞市と埼玉県志木市では・・・

朝霞市の粗大ごみ定義:粗大ごみとは、一辺が50cm以上のものです。
*かさ、バット、ラケット、自転車空気入れは、50cm以上ある場合でも「燃やせないごみ」として、集積所に出せます。

ご家庭から出される粗大ごみの処理は「戸別有料収集(申込制)」と「環境センターに直接搬入」の方法があります。

志木市の粗大ごみ定義:粗大ごみとは、縦24cm×横24cm×高さ35cmより大きいものです(ただし、テレビ・パソコンなどの一部の家電製品や処理困難ごみ、事業活動によるものは除く)。各家庭に配布されている「ごみの出し方」パンフレットをご覧いただき、対商品をお申し込みください。
なお、廃棄方法には「戸別収集」と富士見環境センターへの「自己搬入」があります。いずれも事前予約が必要です。

・・・・とあります。

お住いの地域によってこんなにも粗大ゴミの定義が違うなんてビックリですよね!!!!!( ゚Д゚)

朝霞市では粗大ゴミで捨てられたものが新座市、志木市では捨てられないなんて。

何か不公平な気もしますが、、、その分朝霞市は住民税が新座市や志木市より高いのかな??

話は変わりますが、皆さんも一度は困ったことがある、「このゴミは何ゴミかな?傘は長さが1mあるけど粗大ゴミになるの?」などなど、ゴミの分別・種類って判断が難しいですよね?

一般家庭から出るごみの中には処理困難な物もあります。

下記のようなものは、大概の市町村(クリーンセンター等)では処分できないと思います。

・家電リサイクル法対象品目(テレビ、エアコン、冷蔵庫、冷凍庫、洗濯機、衣類乾燥機)
・パソコン
・産業廃棄物
・自動車の部品、バイクの部品、タイヤ、バッテリー
・消火器、耐火金庫、ピアノ
・解体できない物置、浴槽
・レンガ、コンクリート、ブロック、、砂、石、土
・ガソリン、オイル、塗料などの液体のもの
・医療器具、医薬品
・農薬類、農業用マルチ
・太さ5センチメートルを超える木・枝
・ドラム缶  など

上記の様なものを廃棄したい場合は、市町村自治体問い合わせをすれば廃棄方法を教えてもらえます(^-^)

市町村と提携している業者さんを紹介してもらえると思いますが、業者さんに頼んで市町村で処理できないものを廃棄してもらうため処分料金は若干割高になると思います。

このように皆さんが家具家電の買い替えや断捨離、引越前後で不用になり出た一般的に大型のごみについてはお住まいの地域によって処分方法や区分が違いますので不用になった家具家電、生活雑貨等の大型ごみの処分については地域の自治体のルールに従い、適切に処分をしましょう。

各自治体(新座市、志木市、朝霞市、和光市、川越市、富士見市)の問い合わせ先

新座市

志木市

〒353-8501 志木市中宗岡1丁目1番1号

℡ 048-473-1111

朝霞市

資源リサイクル課

〒351-8501 埼玉県朝霞市本町一丁目1番1号

℡ 048-456-1593 (資源リサイクル係)