埼玉の不用品処分、不要品処分、粗大ゴミ、実家片付け、遺品整理、ごみ屋敷 業者の選びのコツ

【必見!】埼玉・東京の不要品回収、不用品処分 業者の選び方・頼み方

このブログを読まれている方はインターネットを活用されているかと思いますので今回はインターネットを使って埼玉や東京の不用品処分業者、不要品回収業者、粗大ゴミ、実家片付け、遺品整理、ごみ屋敷 業者の選び方をご紹介します。

【手順①】まず、『Google(グーグル)検索』してください。

グーグル検索で、いつもインターネット検索する要領で、適当な検索キーワードを入力します。

『埼玉 不用品 回収業者』

『東京 不要品 処分業者』

『埼玉 ごみ屋敷片付け』

『埼玉 実家片付け』

『埼玉 遺品整理』等、なんでも結構です。

もっと絞り込んで、○○市と入れても良いと思います。自分のお住まいの地域を入れたり、もっと言うとスマートフォンなら地域は入れなくても良いです(^^

グーグルは頭が良いので、検索キーワードを入れるだけで大丈夫です。

※PCの場合は、現在地をグーグル側が把握出来ないので、お住まいの地域や県を検索キーワードに入力してください。

なぜgoogle(グーグル)検索が良いのか?

それは、スバリ!Googleで検索するとグーグルマップ(地図)が表示されるからです。

?!?!?!

見ての通り、グーグルマップは、検索した場所から近くのお店さん(業者さん)が赤丸で表示されます。

『これがポイントです!』

不用品の回収や不要品処分、実家の片付け、ごみ屋敷等を業者へ依頼を検討される場合は比較的、お近くの業者を選ぶ事がおすすめです

近くと言うのは具体的には、車で30分程度、遠くても1時間程度で来られる業者さんです。不用品が多くある場合や、一軒まるごとなどであれば遠くの業者さんでも良いかもしれません。(金額が大きければ多少の経費がかかっても利益からペイ出来るので)それでも出来るだけ近くで良い業者さんを探すのが賢明です。

なぜ近くの業者さんが良いかといえば、移動の費用や移動時間がかからないので経費が抑えられ、少ない利益でも請け負って貰える可能性が高いからです。そもそも不用品回収や不要品処分の場合、見積無料が普通なので、遠いところを見積にいく時点で業者さんは経費を負担してしまう事になります。遠くで仕事をするには、移動時間の人件費やガソリン代等の費用が賄える仕事でなければ請け負うメリットはありません。

【手順②】グーグルマップで表示された業者さんのうち、何社かに電話連絡して見積してください。出来ればレビュー★の付いた業者さんが良いかと思います。

グーグルの★レビューの場合、他の比較サイトなどと違い、評価の★は安易に獲得出来ないからです。それはグーグルの場合、メールやスケジュール、写真等あらゆる他グーグルサービスと連動しており、そのサービスが全てアカウント管理されているので、サービスを提供する側が自身で嘘のレビューを書く事が出来ません。厳密には、知り合いや、家族などにお願いする事も出来るかもしれませんが、自分のアカウントを犠牲にして嘘のレビューを書くのはなかなかリスクが高いですし、何件もこういった架空レビューが出来る訳がないので、せいぜい1~3件程度です。また、適当なアカウントを新規に作ってレビューを書いても直ぐに削除されるか、そもそも反映されません。普段から使われていないアカウントは無効となります。

グーグルのこういったサービスや管理は本当に素晴らしいです!

【手順③】電話見積もり、訪問見積を依頼

家具や家電等の不用品や不要品の大きさなど、詳細が伝えられる数量の場合、電話で説明して電話見積もりしてください。この際に注意点は、最大の料金とそれ以上に料金が発生しないかの確認です!

詳細を伝えているのに、電話見積もり出来ない業者、最大の料金提示が出来ない場合は論外!すぐに電話を切ってください。

不用品、不要品が多い場合や、全体の量が伝えられない場合、遺品整理、ごみ屋敷、実家の片付けなど、仕分け作業や片付け作業が発生し、電話で見積が不可の場合は、主要な物を伝え、それがいくら位なのか確認してください。この時点で不信感を感じる・対応が悪い業者さんは訪問見積もやめた方が良いです。

また、見積を依頼する場合は、出来るだけ『買取』も出来る業者さんを選ぶのが費用を浮かせるポイントです。

【手順④】実際に訪問見積を依頼する

注意点は3つです。

1、明確な見積額を提示してもらう。

⇒ 廃棄する物が増えない場合は、追加料金がかからないかを必ず確認。

2、買取可能な物を確認する。

⇒ 買取出来る物は必ずいくらで買ってくれるか金額の確認。

3、相見積もりの場合は他の業者の金額を伝えない。

⇒ 後から見積する業者さんは絶対に他の業者さんの金額が知りたいですし、聞けば大抵はそれよりも少し安い金額で提示してきます。

この中で重要なのは、最大でかかる費用を明確にする事と、適正な金額を提示して貰う事です。

作業後に何の断りもなく、『〇〇が出てきたので別途料金がかかりまして・・』と言われたり、作業を開始してから不当に追加料金を言われても、作業をされてしまうとお客様は断り難いものです。事前に見積する訳ですから、余程の事が無い限り、ある程度のリスクを負ってでも、はじめに明確な料金提示をする事が業者としての務めです。

また、他業者の見積金額を伝えない点に関しては、もしかすると提示した方が金額の叩き合いで安くなるのでは?と思われる方がいるかもしれません。

しかし、その方法は適正な金額を知る事には繋がりません。そもそも、出来るだけ安く業者を探したい場合は、不当な処理をする会社を使っても構わないと思うくらいの覚悟が必要です。ゴミの処分には必ず、廃棄代が発生し、廃棄代は受入業者によって大差は出ないので、おのずと処分にかかる費用も一定化します。

なので 訪問見積は、安い業者を探すよりも、不当に高い料金を請求する業者を排除する方へ注力してください。正当な運営をしている会社の見積は、大体は同じような金額になるはずです。廃棄代と人件費、車両費はどこの会社も大差がないので、あとはどのくらい利益をのせるかの違いです。何社かに見積をする事で相場の値段とぼったくり業者が判明します。

仮に叩き合いで安く受けたとしても、良い仕事をしてくれる訳がありません。

依頼される方は、『どうせ棄てる物なので、この仕事に質は無い』と思われるかもしれませんが、不要品の処分や不用品の回収だからこそ、作業員の丁寧な仕事が重要です。

例えば、搬出中に壁や床を傷つけない事、個人情報の適切な処分、近隣の居住者への配慮(作業中の音)、最悪何かトラブルが発生した際の保険の加入状況など、

また遺品整理や、ごみ屋敷の片付け、実家の片付け等は作業する場所は、同じ場所に必要な物や大切な物があるので、雑な作業をする会社や、やっつけ仕事をする業者に依頼すると結果的に高くつく事があります。

まとめ

埼玉や東京で引越しの不要品、不用品、粗大ゴミの回収や処分、実家の片付け、一軒まるごと処分、ごみ屋敷の片付けを依頼する際の業者選びのコツと手順のまとめです。(他の県でも同様の方法で大丈夫かと思います)

①比較サイトや、口コミサイト等の業者ランキングが出てくるようなホームページからは依頼しない。(手数料や掲載広告費が発生しているので、余計な費用を見積に加算される可能性があります)

②グーグル検索で、”グーグルマップに表示される業者”(レビュー★評価が高ければ尚良)に電話して見積依頼する。(出来るだけ近隣の業者で見積する)

③詳細が伝えられる場合は電話見積もりする。

④訪問見積の場合は、最大料金を確認し追加料金が発生しないようにする。

⑤訪問見積の際は『他業者の見積金額を教えない』

⑥料金だけでなく、見積訪問した人の人柄や適性な処分方法を取れる業者なのかを吟味した上で依頼する。(金額が大きい場合は、即答せずに見積書の発行を依頼し、後日検討した上で依頼する)正式な見積書を提出させる事で後々のトラブル防止、見積書の内容でその業者がきちんとしているかも見れます。

以上が引越しの不要品、不用品、粗大ゴミの回収や処分、実家の片付け、一軒まるごと処分、ごみ屋敷の片付けの際に依頼する業者選びのコツと手順です。

最後に

時間もあり、出来るだけ安く処分したい方は、自分で不用品・不要品の処分をする事をおすすめします。体力的な問題で、自身で運べない場合は業者へ依頼するしかありませんが、自身で出来る場合やお願い出来る方がいる方は市の処理場へ持ち込みする事で安価で処理する事が可能です。

量が多い場合はレンタカーを利用するのも良いかと思います。

処理場に関しては、お住まいの市町村のホームページや電話問い合わせする事が可能です。予約無しで当日持ち込み可能や、事前予約の上、持ち込みもありますが大概はと当日予約で当日持ち込みが可能なはずです。

料金は一つ一つに料金の設定があるものや、重量によって料金が発生する物がありますが、業者へ依頼するよりは遥かに安いです。

そもそも市町村の処理場は民間ではないので、利益は関係なしに赤字にならない料金を貰えば良いだけです。それに比べ業者は、市町村の処理場へは持ち込み出来ないので民間の廃棄場へ持ち込みします。こちらは廃棄場自体が民間なのでkgや㎥でそれなりに高い料金を支払いします。その為、業者はいくら頑張っても処理代は必ず発生します。

よく、『不用品無料回収、不要品無料処分』を見かけますが、無料で処分出来る物はありません。業者さんが無料で処分するのは、他の不要品の処分と一緒に泣く泣くサービスで回収するか、売ればお金になる物を無料で引き取るだけです。本来は処分料が発生するか、買取で逆に料金を払うかの2択しか無いのです。

長文となりましたが、上記を参考に良い業者さんが見つかる事をお祈りしています(^^

ちなみに埼玉や東京で(他の遠くの県の方でも)不用品処分、不要品回収、ごみ屋敷、実家片付け等でお悩みありましたら、当店へ電話やメールでご相談ください。埼玉や東京はもちろんですが、どの県の方へもアドバイスさせていただきます。

当店へご依頼いただかなくてもお客様のお悩みや要望などをお聞きする事で、今後のサービス向上へ繋がりますので是非お話を聞かせてください!

mailto:info@zerozeroclean.com

tel:0484826007

http://zerokuri.jp